寒くなってきた時に食べたい徳島の郷土料理をまとめたじょ。

公開日: : 最終更新日:2016/03/01 徳島の郷土料理, 徳島ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

気のせいか秋を通り過ぎてあっという間に冬になった今日この頃。今日はそんな寒くなって来た時に食べたい徳島の暖まる郷土料理達をご紹介するじょ。

スポンサーリンク

寒くなってきた時に食べたい徳島の郷土料理

そば米雑炊
1424286_643279262389188_1331649752_n「そば米雑炊」
は祖谷(いや)地方の郷土料理です。祖谷地方は高い山に囲まれて米が作れないため、ソバが作られていました。源平の合戦にやぶれ祖谷地方に逃げてきた平家の落人たちが、都をしのんで正月料理に作ったのが、「そば米雑炊」のはじまりといわれているんじょ。野菜ったっぷり入れて食べたい郷土料理ですね。

たらいうどん
36010183_1527_1
1
たらいうどんは徳島県阿波市の郷土料理で、かつて林業が盛んだった頃、山仕事をする人たちの仕事納めのふるまい料理がルーツと言われていいるんじょ。 寒い時に仲間とたらいうどんを囲んで食べるアットホームな郷土料理。

でこまわし
2

三好市祖谷地方で昔から食べられていた料理です。味噌だれをつけてくるくると回しながら焼く田楽料理。人形浄瑠璃が盛んだった阿波では、人形の事を「でこ」と呼び、でこまわしと名付けられました。また徳島の方言で「ごうしいも」という特産のじゃがいもを使用するのが特徴的じょ。囲炉裏を囲んで食べたいですな。

海賊焼き
3
サーフィンで世界的に有名な「宍喰町」の郷土料理。伊勢海老やアワビ、貝など「生きたをなど採れたての魚介を生きたまま網で焼いて食べる」豪快な郷土料理じょ。

昭和35年頃、漁師さんが漁と観光案内の仕事をかねて、浜辺で生きた魚介を焼いて食べる「残酷料理」をあみ出し、味も良く、人気もよかったのだが、「残酷料理」ではイメージがよくないため「海賊料理」と名前を変えたそうです。※現在は「新鮮な魚介を網で焼いて食べる」に変わっています。

祖谷そば
13
祖谷地方の郷土料理。祖谷は水が美しくまた、昼夜の寒暖 差も大きいため、そば栽培に適しています。「祖谷そば」の麺は、一本一本が 太くて短いのが特徴です。これは、そばを打つ際、小麦粉などの“つなぎ”をほとんど使わないので、切れやすいためじょ。

よく江戸っ子は喉越しでそばを味わ うといいますが、祖谷そばは喉越しで味わうというより、ダシごとかき込むように食べるという方がイメージに合っているかもしれません。

豆玉焼き
4
5
徳島のソールフード金時豆がはいったお好み焼き「豆玉焼き」。徳島市で豆を入れる文化は、戦後から始まり、徳島県が塩田が盛んな地域だったため甘党の人が多く、日頃とは違う甘い味を望んだことからだそうです。

お好み焼きに入れて美味しいの?と思うかもしれませんが甘い豆と、辛いソースがクセになるじょ!また金時豆はちらし寿司の具に使う方も多く徳島の家庭料理としては登場することの多い材料です。

おみいさん
11
10
江戸時代からの徳島の郷土料理。里芋や大根の葉などが入った味噌仕立ての雑炊で、米が貴重だった先人の知恵から生まれた料理のひとつです。

変わった名前ですが語源は「みそいり」という意味の「みい」に尊称の「お」と「さん」が付いたといわれているんじょ。ばあちゃんによく作ってもらったな~。料理も簡単でとにかく暖まるので冬には最高じょ!おばあちゃんの味です。

徳島ラーメン
7
815徳島の郷土料理&ソールフードといえば徳島ラーメン!!戦後まもなく登場し今では全国的に有名になりました。徳島ラーメンとひとくくりに言っても大きく分けて「茶系」「黄系」「白系」の3系統があるんじょ。最も特徴的なのは「茶系」で、豚骨スープに濃口醤油やたまり醤油で味付けし中細麺を用い、トッピングには豚のバラ肉・ネギ・もやしなどを使い、生卵を乗せるのが特徴。

一度食べたら間違いなく忘れられないラーメンじょ。

全部美味しそうでしょ!?県外の皆さん徳島の郷土料理めっちゃ美味しいけん、是非食べに来てな~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人気記事じょ!

次の記事

映像作家が4Kで撮った阿波踊りが美しすぎると話題に。Awa odori beauty image 4K - Ultra HD
I LOVE TOKUSHIMA

About


全国でトップクラスに知名度の低い徳島県。でも、素敵なところいっぱいあるんです!徳島県は阿波踊りと渦潮だけでないんじょ!ちっとでも地元を熱く盛り上げられるよう頑張りますので応援宜しくお願いしますな★

PAGE TOP ↑