天然記念物コウノトリ。なぜか徳島県でキッズを育てる事を決意!野外繁殖は全国初じょ!

公開日: : 最終更新日:2017/03/25 徳島ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


(出典 産経フォト:https://goo.gl/qmQgic)

徳島県は「国内最古の恐竜の骨」、「新種のカタツムリ」、「日本最古の古墳」などが発掘される未知の県なのです。そして今回は、野生繁殖としては絶滅したコウノトリが、2回目の徳島訪問しに来ました。そして今年は全国初めてとなる野外繁殖したんじょ!(去年も来て卵を産みましたがカラスに落とされてしまいました…。)元気に育ってまた徳島に遊びに来てほしいな~。

スポンサーリンク

去年に続き2回目の訪問。コウノトリさん鳴門でキッズを育てる事を決意!


(出典 朝日新聞:https://goo.gl/utKcBI)

2016年3月にコウノトリの同じペアが鳴門にやって来て卵を産みましたが、カラスに卵を落とされてしまいました。しかし、今年の22日、同県鳴門市で、国の特別天然記念物コウノトリの卵がふ化したとみられると発表しました!野生のコウノトリが絶滅した1971年以降、兵庫県豊岡市周辺以外での野外繁殖は全国で初めてです。

幸せを運ぶコウノトリさんとは?

(出典wiki:https://goo.gl/STEFhg)

コウノトリは全長約110-115センチ羽色は白と金属光沢のある黒、クチバシは黒味がかった濃い褐色。脚は赤く、目の周囲にも赤いアイリングがある。ツルと顔がよく似ているので間違われる事も多々あります。

絶滅の危機にあるコウノトリ

分布域は東アジアに限られます。また、総数も推定2,000~3,000羽と少なく、絶滅の危機にある。中国東北部(満州)地域やアムール・ウスリー地方で繁殖し、中国南部で越冬します。日本では1970年代に国内の(=年間を通して国内で生息していた→渡り鳥でない)
野生繁殖のコウノトリは絶滅しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人気記事じょ!

次の記事

【募集】東みよし町で「町おこし協力隊」を募集してるじょ!20万+家賃補助3万
I LOVE TOKUSHIMA

About


全国でトップクラスに知名度の低い徳島県。でも、素敵なところいっぱいあるんです!徳島県は阿波踊りと渦潮だけでないんじょ!ちっとでも地元を熱く盛り上げられるよう頑張りますので応援宜しくお願いしますな★

PAGE TOP ↑