スケート金!「小平奈緒」選手使用の「一本歯げた」徳島の業者注文殺到じょ!

スケート女子500mで五輪新記録をたたき出し金に輝いた「小平奈緒」選手が体幹トレーニングで使用している「一本歯げた」が今大人気じょ!

徳島県内唯一のきりげた工場を経営する「斉藤桐材工業」(東みよし町)に「一本歯げた」の注文が相次いでるそうです。小平選手が使っているのは斉藤さんのものではないですが、これは買って試してみるしかないじょ!
 


(オリンピックレコードを更新し、日本女子初の金!!最後韓国のライバル選手と抱き合ったところはほんまに感動でした…。)

スポンサーリンク

体幹トレーニングに最適!?「一本歯げた」

「一本歯げた」は平昌冬季五輪のスピードスケート女子500mで金メダルを獲得した小平奈緒選手が練習にを取り入れていることから注目されてるんじょ。 小平選手の他にも、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太選手が使っている様子などがテレビで紹介されました。

徳島県で唯一「一本歯げた」を生産している斉藤桐材工業

徳島県で唯一「一本歯げた」を生産している斉藤桐材工業にも注文が殺到しているそうです。7年前程から、台を半分にした一本歯げたを健康グッズとして、一足2200円で販売し始めました。

斉藤桐材工業有限会社は、昭和23年の創業以来、親子三代にわたって桐下駄専業の会社を営み、その生産量は年間7万足を越え、国産桐下駄のトップシェアを誇っています。代表の斉藤雄二さんと奥様の三千代さん、そして3人の職人さんの5人で日本一の座を守り続けています。


(全て手作りで作っているそうです。すごい…。)

履くとボディバランスが飛躍的に高められる「一本歯げた」って?

一本歯げたは、古くは修験者が山を歩くときなどに使われていた。アスリートに人気なのは、台が半分で、前足底だけ乗せる形状のもの。不安定なげたを履いたまま屈伸したり歩いたりすることで、体幹トレーニングや姿勢の矯正に効果があるとされている。

腰痛や身体の歪みを矯正?一本歯げたってすごいのね…。

・この下駄は身体の歪みを矯正し、アキレス腱等のストレッチ効果もあるので翌日のお通じは積極的に野菜を摂取した時と同じくらい快調

・一本歯下駄を履くと体重負荷が分散されるため、腰痛や膝痛の改善にも有効

っという効果があるそうです。※個人差があるそうです。

一本歯げたトレーニング方法

先ずは樹木や壁づたいに立って歩く事からスタート→慣れてきたら、ランニングや体操をする

小平さん本当におめでとうございます!!!!

※こちらは斉藤桐材工業さんの商品ではありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク