徳島県を代表する俳優「大杉漣」さん66歳 急性心不全

徳島県小松島出身の俳優「大杉漣」さんが66歳 21日急性心不全で急逝いたしました。
大杉漣さんは北野武監督の映画や、数多くドラマに出演し「300の顔を持つ男」として日本を代表する名俳優。そして、プライベートでよく阿波踊りや徳島ヴォルティス観戦など、地元を本当に愛してくれていました。心よりご冥福をお祈りいたします。

大杉漣さんの所属事務所より

所属事務所が「弊社所属の大杉漣が、2018年2月21日午前3時53分に急性心不全で急逝いたしました」と公式ホームページで発表。

葬儀は本人、家族の意向により親族のみで執り行うとし、「これまでお世話になりました共演者、スタッフならびに関係者、応援してくださったファンの皆様におかれましては、生前のご厚誼を深謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」と記した。

3日前の2月18日、大杉さんは自身のブログを更新していました。猫の写真を掲載し、「お早うございます! トラ こんな顔でぼくを見ます ご飯にして欲しいのだと思います (*☻-☻*) わかったよ!」とメッセージをつづっていた。

日本を代表する俳優「大杉漣」さん

大杉 漣さん(おおすぎ れん、1951年9月27日 )は、徳島県小松島市出身で、1974~88年解散まで転形劇場に所属。1978年高橋伴明監督作品で映画デビュー。1993年「ソナチネ」で注目を集め、最新作「アウトレイジ最終章」は北野武監督作品10作目となる。

300の顔を持つ男

偉人から社会の底辺に生きる人物、公安刑事から体制破壊主義者、堅実なサラリーマンからホームレス、学校長からヤクザ、好人物から偏狭な人物、誠実な父親・夫から退廃的な不良中年、精神異常を思わせるサイコ色の強い異常人格まで、様々な役柄を演じ、「300の顔を持つ男」「カメレオン」などの異名を得る。

以後は、北野武、SABU、鈴木俊之、磯村一路、小松隆志、三池崇史、落合正幸など、日本映画界の多くの監督作品に登場している。

映画からNHK大河ドラマ、NHK連続テレビ小説、ドキュメンタリーのナレーション、バラエティー番組をはじめ、アジア圏の外国映画や内外合作映画にまで、各ジャンルに出演。その本数も多く、バイプレイヤーの代表格として極めて精力的な活動を行っている。

心よりご冥福をお祈りいたします。

(※大杉漣さんのブログ「大杉漣の風トラ便り」より。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク